【中国ブログ】中国人が綴る全盲ピアニストへの評価

【中国ブログ】中国人が綴る全盲ピアニストへの評価

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090616-00000003-scn-cn

6月16日1時56分配信サーチナ拡大写真2009年6月8日、米国で毎年開催される国際ピアノコンクール、バン・クライバーン国際ピアノコンクールにおいて、日本人の青年、辻井伸行さんが日本人として初めて一位を獲得した。2009年6月8日、米国で毎年開催される国際ピアノコンクール、バン・クライバーン国際ピアノコンクールにおいて、日本人の青年、辻井伸行さんが日本人として初めて一位を獲得した。関連写真:そのほかの中国で報道されている日本に関する写真このニュースは日本中を感動させるものであったが、TOKYO COLORFUL LIFEというブログを運営する中国人ブロガーは、自らのブログで「目が不自由な彼が、世界で最も難易度の高いコンクールの一つであるバン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝するために、多大な努力を払ったことは言うまでもないだろう」と述べている。続けて「彼の指によって奏でられたショパンのピアノ協奏曲はまるで生命を持ったかのようであり、その場にいた米国人の観衆たちは心を打たれ、立ち上がって賞賛の拍手を送っていた。彼の演奏は聴く人々に熱いものを込み上げさせ、自然でありながら自信にあふれている。さらに彼の少年のような無邪気な笑顔が全ての人を感動させた」と綴っている。最後にこの中国人ブロガーは「辻井伸行さんの演奏を生で聞いてみたいと、心から思う。09年10月に東京でコンサートを行うらしいが、その日を心待ちにしている」と綴っている。(編集担当:畠山栄)

[引用元:]Yahoo[中国(サーチナ)]]


posted by Angel at 15:04 | ニュース0
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。