アキバにメードカフェ新店−かつてのメード経験スタッフが集結

アキバにメードカフェ新店−かつてのメード経験スタッフが集結

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090407-00000000-hsk_ab-l13

4月7日10時30分配信アキバ経済新聞拡大写真画像=「カフェ ラ・ビ・アン・ローズ」スタッフイメージ秋葉原に4月10日、「cafe la vie en rose(カフェ ラ・ビ・アン・ローズ)」(千代田区外神田1)がオープンする。同店は、2007年8月に閉店したメード店「Amusement Cafe めいどinじゃぱん」などに勤めていたメードらがスタッフとして在籍するカフェ。「大きな屋敷があり、そこには代々仕えている個性豊なメード姉妹がいた。その屋敷の主人はバラが大好きで自慢のバラを多くの人に見てもらおうと、屋敷内にみんなが集まるカフェを作った。そこに訪れた人が幸せな気持ちで笑顔になることからカフェは『la vie en rose(=人生バラ色)』と呼ばれるようになった」という設定を設ける。スタッフは、メード経験年数や同店の設定から「チームお姉様」と「チーム妹」それぞれ6人、計12人で構成。「本当のメード好きの独身男性」と「質の高い接客を求める20代以上の女性」をターゲットに展開する。提供メニューはフード、スイーツ、ドリンク、アルコールのほか、ピアノやフルート、ギターの演奏など。客席数は24席で、客単価は800円を見込む。高橋店長は「他店でメード服を身に着けたプロの生演奏はあるが、実際のメードスタッフが演奏しているわけではない。メード自身による楽曲の生演奏は当店の特徴。オープン1週間は、注文がなくても数時間に1度生演奏を行う予定」と話す。「他店にはない『高級感』と『メードの質』で差別化を図り、『メード喫茶の接客はこの程度』というイメージを払しょくしたい」とも。営業時間は11時〜21時。

[引用元:]Yahoo[東京(アキバ経済新聞)]]

松本茜 ジャズピアニスト
砂丘らっきょう
植物の名前「奇想天外」
桜もち−「長命寺桜餅」と「道明寺桜餅」
17バイシクル
posted by Angel at 22:43 | ニュース0
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。